大分特産さつま芋「甘太くん」はめっちゃ甘いンデス~♪

大分県産さつま芋 甘太くん

今日ヒルナンデスでも紹介されてましたが大分県特産のさつま芋甘太くんは皮から蜜がはみ出るくらいに甘いンデス~♪
これはも~うこのまんまで甘い甘いスイーツと言ってもいい。


しっとりねっとりその名のとおり甘くてウマイさつま芋!

 

大分県産さつま芋 甘太くん
 

甘太くんは大分県が誇る高糖度甘藷(かんしょ)で普通のさつま芋の1.5倍の糖度ということ。

 

私は大学芋が好きでよくさつま芋買ったらお砂糖たっぷり使って大学芋作るんだけど
この甘太くん、大学芋やスイートポテトにするのはもったいない!
そのまま食べるのがやっぱり一番。

 

 

我が家はアルミホイルに包んでオーブンでそのまま焼いていただきました。

 

実はこの甘太たくん、大分県がブランド化しようと県ぐるみで一生懸命取り組んで出来たさつま芋ブランド。
大分県で特徴のある新たなかんしょブランドを目指し、栽培品種や生産技術などの検討を重ねに重ねその結果生まれたのがこの高糖度かんしょの「甘太(かんた)くん」なんです。

 

 

平成20年から「甘太くん」の産地拡大を進め、
現在では大分県の豊後大野市、臼杵市を中心に自然豊かな環境の中で生産されています。

 

「甘太くん」として出荷できるのは、収穫後一定の条件下で40日以上貯蔵し糖度検査、品質チェックを行ったうえで
JA全農おおいたを経由したものに限られているとのことなので安心・安全、信頼ブランドの大分県産さつま芋なんですよ~。

 

 

甘太くんは九州県内のローソンで実は焼き芋で販売されているんです。

 

昨季は県内の10店舗で試験的に焼き芋を販売したローソン。12月から来年3月ごろまで、県内の約50店舗を中心に福岡県(約30店)、宮崎県(約10店)など取り扱いを計8県に広げる。
 スイーツ感覚の甘みや食感が人気となり、昨季の売上は想定の1.5倍を記録した。広域販売で保温器などの設備投資はかさむが、「商品力が優れており、採算が取れると判断した。県の要請も考慮した」(ローソン九州支社)。今季は約100トンを取り扱う予定。
(2012年11月30日大分合同新聞oita pressより抜粋)

 

 

是非一度大分県産さつま芋「甘太くん」食べてみらんかえ~。

⇒⇒甘太くんを販売しているローソンはこちら

 

 

 

甘太くん、通販でもお取り寄せデキルンデス~♪
大分県産のさつま芋甘太くんを通販でお取り寄せ(楽天市場)大分県産のさつま芋甘太くんを通販でお取り寄せ(Yahoo!(ヤフー)ショッピング)

 

 

 

 

 

 

関連記事

おすすめ記事

PR


Twitter

ページ上部へ戻る