YOKARO(よかろう)バス、年間5000円の乗り放題!乗り心地なかなか良いよ♪

YOkARO(よかろう)バス

九州を7ルートで横断する年間5000円の乗り放題バスYOKARO(よかろう)バスの乗り心地や口コミ情報です。
2013年より以前4000円だった年会費は5000円になりましたが、それでも年間5000円で九州内7つのルートが乗り放題というのがかなりありがたい!



 

YOkARO(よかろう)バス

YOKARO(よかろう)バス

 

私が乗っているのは大分県臼杵⇔博多ルート
現在は臼杵⇒大分(光吉)⇒湯布院(道の駅)⇒博多駅(筑紫口ロータリー)ですが
8月より国土交通省の規制によって博多駅筑紫口から歩いて10~15分のキャナルシティ前バス停で乗車・下車となるようです。

 

博多駅が超便利だったのですが、キャナルシティ前となるとちょっと不便ですが
まぁ普通1回のバスや電車の往復代金で年間何回でも乗れるんだから文句は言えない(汗)。

 

 

最低大分から博多まで一ヶ月1回2回くらいは行きすからね。

 

このよかろうバスの乗り心地ですが、臼杵~博多ルートは普通の大型バスでもちろん冷暖房も完備しているから
大型観光バスと変わりないので快適です。

 

 

ただ高速バスなどと違ってバスの中にトイレがないので、途中湯布院の道の駅で止まったときに10分間の止まってくれるので
その間に道の駅でトイレ休憩させてくれます。

 

あと乗り込むときにメンバーズカードを運転手さんに見せながら、会員番号と名前を言って予約してるかどうかチェックしてもらいます。

 

よかろうバスを予約するときは電話でもOKですが
YOKAROバスのホームページからもインターネット予約が簡単に出来ますので
往復利用するなら、登録した会員IDとパスワードでログインして
片道ずつをルートと日にちと時間を選んで決定して予約するとメール登録している人はその登録アドレスに確認メールが届くので保存しておくといいですね。

でも予約状況はこのホームページにログインすると予約のところで入れている予約の予約状況がチェックできるので便利です。

 

私は普段仕事などで湯布院(道の駅)⇔博多間を利用しますが
お友達同士でうまく利用して平戸や高千穂、ハウステンボスなど日帰り旅行やもちろんお泊り旅行に利用する人も多いようですね。

 

福岡の情報番組とかにはもう何度も取り上げられてましたからね。

交通費が浮く分ちょっと豪華なホテルに泊まってもいいですよね。

私ももう充分元は取れてますが、年内にはこのよかろうバスを利用して
嬉野かどこか地元以外の温泉地へ行ってみたいと思います。

 

 

じゃらんで嬉野の良さそうな宿をいろいろと模索中ですw




 

 

関連記事

おすすめ記事

PR


Twitter

ページ上部へ戻る