飲みやすい!鉄分不足解消サプリ「美めぐり習慣」はショウガも入ってポカポカ。

美めぐり習慣の写真

鉄分不足を解消出来るサプリ「美めぐり習慣」を飲んでみました。
飲んでみた感想は?小粒で飲みやすい!オーガニックショウガも入っていて体がポカポカするのを実感!


鉄分不足解消サプリ「美めぐり習慣」の詳細と飲んでみた感想は?

最近からだが少しだるかったり冷えも結構あったりするので鉄分補給と冷え性対策にもいいと口コミを聞いて
さくらの森の鉄分補給サプリメント「美めぐり習慣」を飲んでみました。

>>鉄分サプリの新定番!美めぐり習慣

 

小粒なので飲みやすい!

右:一般的なサプリメントの粒、左:美めぐり習慣の粒。

美めぐり習慣の粒の大きさ
 

 

サプリメントはカプセルだったり粒だったりすると大きくて飲み辛いことが多いのですが、
この「美めぐり習慣」は一般的なサプリメントの粒より一回り小さくて一度に5粒くらいは軽く飲める大きさで飲みやすかったです。

苦味などの味もないので手軽に毎日飲み続けられます。

 

 

鉄分はどうして不足しやすいの?

 

女性は特に鉄分が不足しやすいと言われてて、隠れ鉄分不足の人も多いそうです。
どうして鉄分が不足しやすいのかというと・・・

極端なダイエットや偏った祖y九生活によって栄養バランスが乱れ鉄分の摂取量が不足してしまいがち。

月経による出血などでも1日2mgの鉄分が体内から失われたりするので、若い女性は積極的に鉄分を摂る必要があるそうです。

月経や生活バランスの乱れで特に20~40代の女性は特に隠れ鉄不足の人が多い。

 

 

 

そもそも鉄分の補給ってどうして大切なの?

鉄は血液中のヘモグロビンの構成成分として全身に酸素を運び、体の機能を高める働きがある。
なので鉄分が不足すると体に充分酸素がいきわたらず、体が酸欠状態になり様々ま体の不調を起こしてしまう。

 

 

1日に必要な鉄分を食べ物で摂るとするとどれくらい?

実際一日に必要な鉄分の量は成人女性で10.5mg
  

実際の食べ物でこれだけの鉄分(10.5mg)を摂るとするどれくらい必要なのか?

一日に必要な鉄分を摂るのに必要な食べもrの
 

ホウレン草なら・・・・約550mg
豚レバーなら・・・・・約85g
牛ヒレ肉なら・・・・・約440g
納豆なら・・・・・・・約7パック
ひじきなら(乾燥)・・約20g
大豆なら(乾燥)・・・約118g

 

もちろん一日に必要な鉄分10.5mgを上の食べ物をしっかり食べて摂れれば一番いいのですが
毎日レバーや大豆などをこれだけ調理するのも食べるのも大変。

 

この「美めぐり習慣」には女性が一日に必要な鉄分10mgとその鉄分の働きを高める葉酸、ビタミンC、ビタミンB12、葉酸の1日に必要な量を摂取することが出来る。

 

飲みやすいサプリメントにたっぷり一日に必要な鉄分が入っているというのが嬉しい。
しかも鉄分と一緒に摂ることでて鉄分のパワーがアップするというビタミンCや葉酸などの必要成分も一緒に摂取出来るというのがすごい!

 

この鉄・葉酸・ビタミンC、ビタミン12、ビタミンB16の栄養素が揃っていることで、栄養機能食品としての基準を果たしているのだそう。

この5つの栄養素が美めぐり習慣、女性の美と健康、キレイをつくるミカタなのですね。

 

 

しかも吸収されやすいヘム鉄、100%配合

この美めぐり習慣に入っている鉄分は体に吸収されやすいとされている動物性のヘム鉄。
動物性のヘム鉄は植物性の非ヘム鉄に比べると6倍吸収率が高いそうです。

 

 

オーガニック生姜使用で巡りを整えポカポカ!冷え対策にも!

 

身体の冷え対策などに注目されている生姜(ショウガ)が入っているのが特に飲んでみようと思ったポイントだったんです。
冬の時期は特に体の冷えなどにも悩まされるので生姜とのダブルパワーもありがたい。

 

生姜を入れたのは鉄分を体のすみずみまでいきわたらせる巡らせるためということです。

なので美めぐり習慣と命名したのでしょうか。

栄養価たっぷりにしまね産のオーガニックショウガなので安心です。

 

この生姜が入っているからか体の芯がじわ~っとしてくるのが本当に実感出来るんです。

ほぼ一袋飲み終わるところですが、公式サイトにも掲載されてる方の口コミと同じような感想で
気のせいかもしれないけど朝の目覚めが最近よくなったと感じるのと不意な立ちくらみも少なくなった気がしてます。

 

美めぐり習慣しばらく続けていけたらと思います。

初回は66%OFFのお試し価格で試して見れるのがいいですね。送料も無料だし、15日間安心の返金保証があるというのもいいですね。

 

 




>>鉄分サプリの新定番!美めぐり習慣

 

 

 

 

 

関連記事

おすすめ記事

PR


Twitter

ページ上部へ戻る