雑穀米はやっぱりもちもちのやずやの「発芽十六雑穀」が美味しい!

やずやの発芽十六雑穀のおにぎり

2015年は美と健康にまずは「食」に気を付けよう!と主食であるご飯からということで、現代人が必要としている栄養素ビタミン・ミネラルがぎっしり詰まった雑穀米を出来るだけ食べることに!
そこでやはり雑穀米といえばやずやの「発芽十六雑穀米」!何度食べてももちもちして美味しい!というのが率直な感想。


雑穀米はやずやの「発芽十六雑穀」が簡単・おいしい。

雑穀米もいろいろ食べてみたけど、また原点に帰るとやはりやずやの発芽十六雑穀」がもちもちして甘味もあり彩りもきれいで美味しい!
ご飯に混ぜて炊くだけ!

手軽にビタミン・ミネラルなど栄養が摂れるし16種類の雑穀がブレンドされてもちもち・プチプチ、歯ごたえもあるから満腹感も結構あります。
「ギャバ」といううまみ成分がアップした12種類の発芽穀物が使用されてるのでうまみと栄養価がアップしているんだそう。

 

時代とともに「食」に対する意識も変わった?

やずやの雑穀商品が誕生したのは1996年なんだそうです。
その頃は見向きもされてなかったそうですが、何度も試作・試食を繰り返して今の「発芽十六雑穀」やその他の雑穀商品が出来ということ。

昔は米、麦、豆、アワ、ヒエ(キビ)の「五穀」などの雑穀が主食で今の生活習慣病みたいな現代病はなかったんですからね。
白米は精米することで栄養が少なくなるけど、雑穀にはビタミン・ミネラルなどがたっぷり。

食べ物がどんどん良くなるにつれ以前にはなかった皮膚系の病気や成人病なども増え
時代とともにまた近年は食べ物を見直そうという「食」に対する意識も随分変わって来たように思います。

酵素玄米や雑穀米、塩麹や水へのこだわり・・・etc…。

「口」に入れる物ですから美味しくいただきながら、安心安全で体に必要な栄養を取り入れ行きたいですね。

 

やずやの雑穀米 発芽十六雑穀の外包み画像
 

 

やずやの「発芽十六雑穀米」の人気が根強い理由は?

栄養化が高くてもまずかったり高かったりしたら長続きしないので、
これあで「雑穀米」とかその他いろいろ試したけど、やはり美味しくて負担が少なくしかも手軽な物がいいなとの結論。

そこで長年愛され続けているというやずやの「発芽十六雑穀」がやっぱり美味しいなと、最近食べて改めて思いました。

やはり美味しいには理由があるんですね。
長年試作・試食を繰り返し作られたという「食感」と「味わい」と「彩り」の3つを出すためにブレンドにこだわっているから。

 

・食感・・・・もち玄米やもち麦が入ってるからもちもちしてる。

・味わい・・・噛めば噛むほど甘みがあり味が出てくる。

・彩り・・・・・まずは炊きあがった時炊飯器のフタを明けるだけで毎回「わ~~!」と声が出ちゃう。色合いがとっても綺麗♪
お弁当に入れるとおかずも少なくて彩りが添えられて助かる。

やずやの発芽十六雑穀の炊きあがりの画画像

歯ごたえ・甘味があり満足感がある!

もちもちとした食感があって噛めば噛むほど甘味があると、少ない量でも満腹感もあります。
粗食がなにより!とも言うし、このやずやの発芽十六雑穀と梅干があれば充分という感じです。

 

雑穀レシピはまだ雑穀ごはんにカレーをかけたりおにぎりにするくらいで、まだ開発中で発展途上ですが、
これから丼ぶりものにしたりチャーハンにしてみたり色々雑穀レシピを考えていきたいと思ってます。

子供たちも白ご飯とかふりかげご飯のおにぎりよりも、このやずやの雑穀米おにぎりの方が何故か結構食べてくれるのがありがたい。

その他のやずやの雑穀シリーズも栄養化がプラスされたりしているのもあるのでまたお試ししてみようかなと思ってます。

 

そういえば、毎月購入している雑誌「美ST」に載ってたけど、元サッカー日本代表の北澤豪さんもかなり「食」にこだわっていて
このやずやの「発芽十六雑穀」や「七彩御前」を食べているんだそうです。

やずや発芽十六雑穀の美味しさの秘密や栄養価、その他詳細はこちら

 

>>初めて「やずやの発芽十六雑穀」をお申込みの方に、3小袋増量プレゼント!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

おすすめ記事

PR


Twitter

ページ上部へ戻る